三陸鉄道で「養命酒こたつ列車」12月16日運行開始_11月16日予約受付スタート

2017.11.07

三陸鉄道に12月16日から「養命酒こたつ列車」が走り出す。

久慈12:15発→宮古13:54着、宮古14:40発→久慈16:32着の1往復。2018年1月14日までの土休日に運転される。

「養命酒こたつ列車」は、三陸鉄道「こたつ列車」史上初となる企業コラボで生まれた列車。

“養命酒とこたつ、三陸の美味しい食材で心もからだも温めてもらいたい”という想いを具現化。

列車内は、オリジナル「養命酒こたつ」で埋め尽くされ、直感的に養命酒を想わせる温かいカラーでまとめられた。

また、列車内には地元伝統の「なもみ」が登場し、絶景ポイントで列車を停止するなど、三陸鉄道ならではの演出もある。

この「養命酒こたつ列車」に乗るさいは、乗車券のほかに指定席料金310円が要る。


LINEで送る

オススメ記事