ゆるくいこうぜ流鉄オフ、5000形さくらの車内でまったり鉄道ジオラマ_流山駅一般開放イベント【動画/画像】

2018.11.22

外環道 松戸IC でおりて、江戸川へむけてクルマを走らせる。

車内に、秋風にのって醤油のにおいが入り込むと、流山。

11月10日、流山駅構内で行われた一般開放イベント「第17回流鉄の鉄道の日!!」。その後半、22ショットのフォトアルバムを。

後半は、正月ヘッドマークや臨時列車ヘッドマークのほか、5000系さくら車内に展示された鉄道模型などを。

流鉄に流れる、ゆるーい鉄道時間を感じてみて。

<前半記事>
ゆるくいこうぜ流鉄、歴代ヘッドマークいろいろ_流山駅一般開放イベント【動画/画像】


流鉄電車に正月つけるヘッドマークたち。迎春2003、2004賀正、迎春 謹賀新年2006年、賀正2003、2004賀正、賀正2006。

流鉄ヘッドマーク。「ご苦労さま1200形なの花 1984〜1997 総武流山電鉄」。


流鉄ヘッドマーク。「流鉄BEER電車」。

流鉄5000形 若葉。車内の見学もできた。


「流鉄の車庫にミニSLが走る! 乗車1回50円」。


流山駅 駅舎全景。


一般開放された流鉄5000形さくら。ホームからじゃなくて、駐車場から乗車する。


2両停止位置標が1000円で、電車のブレーキパッドが100円で売られてた。


「通路の横断にご注意ください」ホーロー看板は2000円で売られてた。


熟年工房 久保達夫さんなどによる流鉄沿線のジオラマ展示。


熟年工房 久保達夫さんなどによる流鉄沿線のジオラマ展示。


熟年工房 久保達夫さんなどによる流鉄沿線のジオラマ展示。


熟年工房 久保達夫さんによる流鉄沿線のジオラマ展示。流山駅。

「第17回流鉄の鉄道の日!!」について

◆開催日時:
2018年11月10日(土)
10:00~15:00

◆開催場所:
流山駅構内
(流山駅前駐車場と電車の車庫)

◆出店など:
・流鉄の車庫にミニSL(乗車1回50円)
・Kunpel(山口証券印刷)硬券グッズ販売
・熟年工房 久保達夫さんジオラマ展示
・日本ぴょん太鉄道グッズの販売
・日本交通趣味協会有志の販売
・流山ボンベイ カレー販売
・寿美屋 サンドイッチ・おにぎり販売


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです