きょう最終日の名古屋モーターショー、途中で出会った多彩な列車たち

2017.11.25

11月22日午前、名古屋はくもり。
大名古屋ビルヂングでの会議を終えて、「名古屋モーターショーのプレ公開に寄ってく?」ってことで、あおなみ線へ。
あおなみ線ホームからは、貨物列車に気動車特急、懐かしい電車に出会えて、発車時間まであっという間。

愛知機関区所属のEF64形1049号機が1番のりばかすめて通過。


愛知のロクヨンを見送ってたら、紀伊勝浦を8時55分に発った特急(ワイドビュー)南紀4号が名古屋に定刻入り。


名古屋駅12番ホームにつける南紀4号の横に、12時48分に出るL特急(ワイドビュー)ひだ11号が出発準備中。


南紀とひだ。表情の違うキハ85系が並んだ。


13番ホームで待つのは、四日市行きの313系。HIDの前照灯がこちらを照らす。


アイドリング中のL特急(ワイドビュー)ひだ11号。間もなく発車。


大垣行き新快速、313系。この角度からの表情は313系のアゴが見えておもしろい。


首都圏では見なくなった211系。JR東海版の5000番台。

あおなみ線車窓にも鉄道風景が多彩

この日は先方といっしょに電車に乗ったので、車内から写真は撮れなかったけど、あおなみ線からも鉄道風景がいろいろ。
最も新鮮に映ったのは、名古屋貨物ターミナル駅で荷降ろし中の福山レールエクスプレス。
あと少し早く名古屋に立っていれば、先のEF64コンテナ列車のように走る姿を目の当たりにできたのに……。

帰りは、先方の誘いで山本屋で乾杯。
ビールと例の漬物で、「そうなんですか!」という話でいろいろ盛り上がった。
新幹線自由席派は、入ってきたのぞみの1~3号車を「どうせ席は空いてないだろう」とつぶやきながら外から見て、「あっ、ひとつ空いてる!」で乗り込む。
案の定、浜松あたりからウトウトし、気づいたらLINEのティントーン音で起こされた。熱海を通過したあたり。
「いまどのへんですか? 呑みましょうよ」と大学時代の後輩パパから。
名古屋の余韻に浸る間もなく、ど田舎の地元スナックで、1万円以上ムダ遣いした……。


LINEで送る

オススメ記事