多摩モノレール オープン型宅配便ロッカー《PIDOステーション》設置

2017.11.29

宅配便の再配達削減は大きな社会的課題です これは効果的な対策です

多摩モノレールは、自宅で宅配便を受け取ることが出来ない場合に、荷物を駅設置の宅配便ロッカーで受け取ることが出来る、オープン型宅配便ロッカー《PUDOステーション》を、多摩モノレール線7駅に設置し、平成29年11月29日(水)からサービスを開始します。この取組は多摩モノレール沿線に住む、勤める方々の利便性と快適さ向上を目的とするものです。ライフスタイルの多様化にも対応し、更には宅配便の再配達削減という社会的課題にも資するものとなります。

設置駅 全て改札外コンコースに設置されます 利用は設置駅の始発〜終電

①松が谷駅     改札出て左手
②大塚・帝京大学駅 改札出て左手
③万願寺駅     改札出て左手
④甲州街道駅    改札出て左手
⑤柴崎体育館駅   改札出て右手
⑥桜街道      改札出て左手
⑦上北台駅     改札出て正面

利用方法

利用はヤマト運輸の宅配便に限られます。また利用にはヤマト運輸「クロネコメンバーズ」登録が必要です。着払い便、クール便など利用できないサービスもあります。

宅配便ロッカーに関する問い合わせ:《PUDOステーション》コールセンター
                  0120-31-1969 24時間 年中無休

問い合わせ:多摩都市モノレール 総務部 事業課 TEL 042-526-7800(平日9:00~17:45)

1人暮らし、共働きの人には朗報です。最近、いろんな駅でオープン型宅配便ロッカー《PIDOステーション》を見かけます。これを有効活用したいですね。


LINEで送る

オススメ記事