大阪モノレール彩都西駅でドア手動扱い、12月1日から新型3000系で実施

2018.11.27

ことし10月21日から営業運転についた大阪モノレール新型3000系。

大阪モノレール 彩都西駅では、この3000系車輌の列車扉「手動扱い」を12月1日から始める。

ドア手動扱いの実施時間は始発から7時まで、21時から最終列車まで。

ホームから乗車する場合は、ドアボタンのランプが点灯中にボタンを押すとドアが開く。

ホームへ降車する場合は、車内の緑のボタンを押して降車する。赤いボタンを押すとドアが閉まる。

また列車を発車させる前に、運転士がすべてのドアがいったん開け、ふたたび閉めて発車させる。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです