NTTドコモ、東武鉄道、シャープ、NECなどが超高精細ライブ映像伝送に成功_SL大樹列車内にライブ映像配信

2018.12.02

NTTドコモ、東武鉄道、シャープ、NECなどは、4.5GHz帯・28GHz帯の両周波数帯での第5世代移動通信方式(5G)を用いた映像伝送試験に成功した。

<テクノロジー関連記事>

この映像伝送試験は、11月12・16日、東武鬼怒川線で運行している「SL大樹」で実施。

東武鬼怒川線沿いの鬼怒川橋梁付近に5G通信エリアを構築し、蒸気機関車が5G通信エリアを通過する間に、橋梁から8Kカムコーダーで撮影したSLのライブ映像を客車にむけて5Gで伝送。

この試験結果を得て、SL列車乗客が、客車を力強くけん引するSLの勇姿を超高精細ライブ映像でリアルタイムに車内鑑賞できるようになる。

また、4K映像コンテンツ配信システムを用いて、SLが同5G通信エリアを通過する間に、多数の4K映像ファイルを客車内へ一括伝送。複数のスマートフォンやノートPCに対して配信する試験にも成功した。

走行する「SL大樹」の撮影は、シャープ製8Kカムコーダー 8C-B60A を使用。映像を線路脇に設置した基地局から5G無線で送信。SL車内に設置したシャープ製8K対応液晶テレビ 8T-C60AW1 へライブ伝送。

5G基地局は、5G移動局の位置・⽅向に電⼒を集中させたビーム(指向性)を形成するNEC製 Massive MIMO アンテナを搭載している。

「この試験を通して、東武鉄道に約半世紀ぶりの復活を遂げたSLと最先端のICT技術である5Gを融合させることが、「鉄道産業文化遺産」であるSLの乗車体験をより印象的な観光体験として提供できることを実証。観光分野の発展に寄与できることを確認した」(ドコモ)

この試験は、ドコモが実施主体となり総務省から請け負った平成30年度5G総合実証試験「屋外において平均4-8Gbpsの超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討」として実施した。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです