★鉄道チャンネル動画★ 【柏原美紀の鉄道リポート】相鉄20000系&羽沢横浜国大駅

2018.01.18

 

相鉄20000系

本日私は、かしわ台車両センターでの相模鉄道新型車両20000系発表会に来ております。

2月11日に運用開始予定のこの20000系は、相鉄グループのブランドイメージと認知向上を図る「デザインブランドアッププロジェクト」を反映した車両なんです。

開発コンセプトは「安全×安心×エレガント」
〜目先のトレンドに左右されない「醸成するデザイン」〜

車内は「デザインブランドアッププロジェクト」に即した灰色系を基調とし、相鉄初のユニバーサルデザインシートを導入、グッドデザイン賞を受賞した自社開発のつり革、車椅子やベビーカー用のフリースペースを採用しました。

外観は横浜の海をイメージした「ヨコハマネイビーブルー」を塗装し、2022年度に開業予定の相鉄・東急直通線に向けた「走る広告塔」として、相鉄の「選ばれる沿線」実現の一端を担っていきます。

 

羽沢横浜国大駅

続いて私は、JR相互直通運転新駅「羽沢横浜国大駅」にやってまいりました。

ここはまだ運用に向けて建設中なのですが、相鉄・JR直通線と相鉄・東急直通線からなる神奈川東部方面線の分岐点となる駅なんです。

まず2019年度開業予定の相鉄・JR直通線は、相鉄本線西谷駅とJR東海道貨物線横浜羽沢駅付近、ここ羽沢横浜国大駅ですね、その間の連絡線であり、また2022年度開業予定の相鉄・東急直通線は当駅から東急東横線・目黒線日吉駅間の連絡線です。

これらの連絡線を利用して相鉄線とJR線、東急線が相互直通運転を行うものなんです。

それにより所要時間の短縮や鉄道の利便性、新幹線のアクセスの向上が図られるそうです。


LINEで送る

オススメ記事