【私鉄に乗ろう 43】叡山電鉄 本線・鞍馬線 その4

2018.02.04

紅葉のトンネルを抜けて鞍馬川を渡ります。バックミラーに運転士さんが写っちゃいました。

紅葉のトンネルからこちらは完全な山間部です。電車が見えます。

1.3kmで二ノ瀬駅。単線区間の真ん中辺りにあって列車交換が行われる駅です。

叡山電鉄800系と交換。山深い雰囲気で航空写真で見ても二ノ瀬集落は山間の小さな集落です。

下りホームにあった近隣を散歩する地図「洛/北/遊/歩」。

上りホームの駅名標。後が集落の中心部です。

鞍馬方面で単線になりますが、その先で作業中の様です。

作業内容は分かりません。

深い山の間をクネクネと走ります。

資材が置いてあります。

先の枕木が新しくなっています。

右手に貴船神社の大きな鳥居が見えました。鞍馬街道が手前に分かれて貴船方面になります。鞍馬川にこの上流100m辺りで貴船川が流れ込みます。

1.0kmで貴船口駅。金曜日ですが駅員さんがいます。駅の先は鞍馬川の鉄橋。

改札口、乗客がかなり下車しました。駅から貴船神社までは2kmちょっとなので歩いて30分程です。貴船川に沿って行きますが、川床を使う料理屋や旅館が多く有ります。学生時代に何度かクルマで来たことがありますが道路が狭くて歩く場合はクルマに注意が必要です。

駅名標。地名は「きぶね」ですが、貴船神社は水の神様なので濁らず「きふね」です。

鞍馬川と鞍馬街道に沿って行きます。

珍しくトンネルです。

無理矢理拡大してみました。34mは読めますが漢字が読めません。

もうすぐ、終点の鞍馬駅です。【私鉄に乗ろう 43】叡山電鉄 本線・鞍馬線 その5 に続きます。

(写真・記事/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事