都心から土浦へ…E531系サイクリング列車、4月22日に運転

2018.02.20

常磐線 土浦駅に、サイクリストの拠点「りんりんスクエア土浦」が今春オープン。

これにあわせ、アトレやJR東日本、茨城県などは、4月22日、サイクリスト向け団体臨時列車を走らせる。

使用車両はE531系。往路は上野駅8:14発、土浦駅9:23着。復路は土浦駅16:50発、上野駅18:02着。

参加費用は、上野駅からの場合、6000円 現地参加は3000円。

サイクリングは、土浦駅前から真壁休憩所までの約30キロを往復する、60kmのコース。途中の休憩所では、茨城県のご当地グルメた試せる。

参加申込みは、3月中旬から公開される専用WEBサイトで。募集定員は130名(団体専用臨時列車利用者100名、現地参加者30名)。

企画・実施はJTB コーポレートセールス、ワンダー、グローブ・スポーツコミュニケーションズ。


LINEで送る

オススメ記事