きょう3月1日から、JR新宿駅や大久保駅などの一部駅のみどりの窓口、改札口をはじめ、成田エクスプレスの一部列車内などにソースネクスト製通訳機「POCKETALK(ポケトーク)」が導入される。

5月6日までの実験的な導入。

POCKETALKは、世界50言語以上で、互いに相手の国の言葉を話せなくても対話ができるIoT通訳機。

ADVERTISEMENT

同製品は、ジェイアール東日本商事を通じて提供。ソースネクストは、この実証実験を経て、鉄道事業者やJR東日本グループへ拡販していく構え。