ドコモ 東武鉄道 シャープなど、90km/hで走行する列車内で5Gによる8K映像伝送に成功

2018.12.28

シャープ、NTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、東武鉄道は、90km/hで走行する列車内で第5世代移動通信方式(5G)による高精細8K映像コンテンツ伝送に成功した。

<テクノロジー関連記事>

同実証試験は、埼玉県春日部市で12月20・21日、東武鉄道の車両を使用して実施。

線路脇に2局の基地局を設置し、時速約90kmで高速走行する列車にむけて、あらかじめ収録した高精細8K映像コンテンツを周波数帯28GHzの5G無線で送信。

車内に設置した8K対応液晶テレビ「8T-C60AW1」へストリーミング伝送した。

この結果をうけ、高速移動環境での大容量8K映像データの5Gストリーミング伝送が実証されたことで、人物や景色の高精細映像を高速鉄道の乗客にむけてタイムリーに配信するなど、新たなサービスへの応用が期待できる。


LINEで送る

オススメ記事