東海道新幹線 東京~名古屋 京都 新大阪は「2位じゃダメなんでしょうか?」

2018.12.30

「2位じゃダメなんでしょうか?」

あの女性国会議員が言い放ったように、2番や3番じゃだめなんか。

東海道新幹線といえば、1番はやいのが「のぞみ」、2番が「ひかり」、3番が「こだま」。

新幹線激混みシーズンにもう一回。「2位じゃダメなんでしょうか?」。

のぞみ がひしめく過密ダイヤのなか、ここでもう一回、ひかり・こだま のシンプルなスタート順だけおさらい。

「待っても待ってものぞみに座れない(泣)」なんて事態に備えてみて。

ひかり東京発は毎時03分発33分発

のぞみの過密ダイヤのなか、ひかりは7~19時の間、同じ時間に決まって2本、東京を出発する。

東京駅の東海道新幹線時刻表でみると、ひかりは7~19時の間、毎時03分発と33分発。

新大阪駅の東海道新幹線時刻表では、東京行きひかりは8~19時の間、毎時16分発と43分発。

東海道新幹線ひかり自由席車両は5両

東海道新幹線のぞみ自由席車両は3両。ひかり自由席車両は5両。

自由席特急券で東海道新幹線に飛び乗る場合、自由席が多いひかりも、あり。

ちなみに東海道新幹線こだま自由席車両は、一気に増えて10両。

で、こだまはどうなのよって時刻表をみると……。

こだま東京発は毎時26分発と56分発

東京発こだまは、7~20時の間、毎時26分発と56分発。で、ほぼ、だいたい26分発が名古屋行き、56分発が新大阪駅行き。

新大阪駅の東海道新幹線時刻表では、東京行きこだまは7~19時の間、毎時53分発。

わかりやすい。

―――新幹線激混みシーズン、ここまでくると車内販売があるかないかとか、Wi-Fiがあるないとか、N700系だ700系だとか、後回し。

ひかりとこだまのスタート順だけでも、メモリーしておいて。

TAGS JR東海 新幹線


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです