JR北海道 鉄道事業を抜根的に見直し【鉄道ニュース546】

2016.08.05

JR北海道は、記者会見で、鉄道事業を抜本的に見直す方針を表明しました。
この秋までにJR北海道単独では路線の維持が困難な区間を発表、バス路線への転換や、線路や駅舎を地元自治体が保有し、列車の運行のみをJRが担当する「上下分離方式」の導入などを地元自治体に提案し、協議する考えです。

■鉄道ニュース546(http://tetsudo-ch.com/tetsudonews


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです