道南いさりび鉄道キハ40-1798が国鉄急行色に

2019.03.02

道南いさりび鉄道は、同社保有キハ40形気動車9両のうちの1両、キハ40-1798号機を、定期検査を経て、国鉄時代の急行形カラーに塗り替える。

この色は、旧国鉄時代に登場したキハ56・キハ27急行形気動車の塗色。

旧江差線や旧松前線など、かつて北海道内各地で急行列車や普通列車で活躍していた車両の色。

旧国鉄時代やJR時代に、このキハ40形車両にこの塗色は採用していない。今回はその懐かしい面影を再現すべく、クリーム4号と赤11号の塗り分けで登場。

営業運転は、3月17日、函館14:04発上磯行きから。

また、3月17日の函館15:16発木古内行き、木古内16:32発の函館行きの車内(上磯~茂辺地の間)では、記念乗車証を配布する。


LINEで送る

オススメ記事