小田急、ヴァル研究所とオープンな共通データ基盤「MaaS Japan(仮称)」開発を発表

2019.04.04

小田急電鉄株式会社とヴァル研究所は4月4日、鉄道やバス、タクシーなどの交通データやフリーパス・割引優待などの電子チケットを提供するためのデータ基盤「MaaS Japan」の共同開発について合意したことを発表しました。

小田急電鉄は本データ基盤を利用したMaaSアプリを用いて2019年末までに箱根エリア、新百合ヶ丘・町田エリアで利用者のニーズを確認する実証実験を実施します。

またこのデータ基盤は日本初のオープンな共通データ基盤として他の交通事業者や自治体などが開発するMaaSアプリケーションに活用できるものとし、小田急電鉄の実施する実証実験の対象エリア外においても他の事業者・自治体などが実証実験を容易に実施できる環境を提供するとのことです。

「駅すぱあと」で知られるヴァル研究所は先立って発表されたJR東日本アプリのリニューアルでも連携企業として挙がっており、日本のMaaSサービスにおいて存在感を示しつつあります。

TAGS 小田急


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです