JR東日本の貨物線を走って熱海へ行こう――「横浜セントラルタウンフェスティバル Y160記念列車の旅」まもなく発売

2019.04.04

JR東日本は4月4日(木)、185系電車を使用し貨物線を走行して熱海へ向かう「横浜セントラルタウンフェスティバル Y160記念列車の旅」の発売を発表しました。

「横浜セントラルタウンフェスティバル」は横浜の魅力を創出・発信するためのイベントとして今年5月25日(土)~26日(日)に開催されます。横浜の山下公園ほか、馬車道、関内、山下公園通り、中華街など元町・山手エリアの会場で様々なイベントが目白押し。今回の記念列車はこのイベントの開催に合わせての出発となります。

車内では元町ブランドのコスチュームで着飾ったマスコットガール「元町リカちゃん」との記念撮影を開催、更に「Y160記念列車乗車記念証」を車内にて係員がお渡しします。また記念列車発車の様子の写真を使用した「Y160記念列車の旅」新聞を発行予定。こちらは当日の記念品引換所にて引き換え可能です。

コースは5月25日に出発するAコース、26日に出発するBコースの二種類をご用意。

Aコースは8時39分頃に石川町を発車し、根岸線・高島線・東海道貨物支線・東海道線などを通り、14時18分ごろに石川町に帰ってくるコースで、熱海周辺の観光を楽しめます。

Bコースも石川町発。出発時刻や所要時間は変わりませんが、東海道線の富士川駅まで往復します。富士川橋梁付近や東田子の浦駅では天気が良ければ富士山を見ることも出来、またBコースのみ崎陽軒のお弁当とペットボトルのお茶がつきます。

旅行代金はAコース大人8,700円、子供6,000円。Bコースが大人10,900円、子供7,900円となっています。発売開始日は2019年4月17日(水)14:00を予定。発売個所は川崎・武蔵溝ノ口・横浜・町田・大船・平塚各駅のびゅうプラザ。またびゅう予約センターでも受付可能です。

びゅう予約センター:0570-04-8928
(携帯・PHS・IP電話・ひかり電話・公衆電話からは、03-3843-2001)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです