小田急電鉄とヴァル研究所、データ基盤「MaaS Japan」を共同で開発

2019.04.06

小田急電鉄とヴァル研究所は、2019年4月4日(木)に、鉄道やバス、タクシーなどの交通データやフリーパス・割引優待等の電子チケットを提供するデータ基盤「MaaS Japan」を共同で開発する。

MaaS Japan は仮称、小田急電鉄が商標出願中。

小田急は、開発するデータ基盤を利用した MaaS(Mobility as a Service)アプリケーションを用いて、2019年末までに箱根エリアと新百合ヶ丘・町田エリアで、利用者のニーズなどを確認する実証実験を実施。

また、このデータ基盤はMaaSアプリケーションへの提供を前提とした日本初のオープンな共通データ基盤として、他の交通事業者や自治体等が開発する MaaS のアプリケーションに活用できるようにする。

これにより、小田急が実施する実証実験の対象エリア以外においても、交通事業者・自治体等が MaaS の実証実験を容易に実施できる環境を提供。

同データ基盤を通して、国土交通省「都市と地方の新たなモビリティサービス懇談会中間とりまとめ」もふまえながら、日本の MaaS アプリケーションの普及・拡大をめざす。

また小田急は、同グループの鉄道やバスなどの交通データを、このデータ基盤に接続。ホテルや商業施設とのシステム連携などもすすめる。

さらにヴァル研究所は、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービス「mixway(ミクスウェイ)」を開発した実績をいかし、鉄道やバス、タクシーのほか、オンデマンド交通にも対応したデータ基盤の開発をすすめていく。


LINEで送る

オススメ記事