ロマンスカーSE(3000形)とGSE(70000形)が共演、小田急ファミリー鉄道展

2019.04.11

小田急電鉄株式会社は4月9日、小田急ファミリー鉄道展2019の開催を発表しました。5月25日(土)、26日(日)の2日間、海老名駅に隣接する「海老名電車基地」および商業施設「ビナウォーク」で開催されます。

今回の目玉はロマンスカーの世代を超えた共演。海老名電車基地の第1会場では、1957年に就役したロマンスカー・SE(3000形)と2018年3月に就役したロマンスカー・GSE(70000形)を展示します。また、マルチプルタイタンパーなどの保線作業車の展示や、保線作業の実演を行います。

商業施設「ビナウォーク」・第2会場(隣接する「海老名中央公園」を含む)では、特設会場で鉄道トークライブをはじめ、お子さま用の駅長、特急乗務員制服、制帽を着用しての記念撮影会や、鉄道模型HO・Nゲージの走行会、GSEふわふわ、GSEミニトレインなどのイベントを多数ご用意。マルイファミリーによる全国の駅弁販売、小田急グッズショップ「TRAINS」による鉄道グッズ販売なども実施予定です。

【詳細】小田急ニュースリリース

「小田急ファミリー鉄道展 2019」を開催(外部サイト、PDF)


LINEで送る

オススメ記事