スバル新型 アウトバック、ニューヨークオートショーで世界初公開

2019.04.18

スバル(SUBARU)は、2019ニューヨーク国際オートショーで新型「アウトバック」(米国仕様)を世界初公開。

デビューから四半世紀、先駆的クロスオーバーSUVとしておもに北米市場で人気モデルの第6世代。

その最大のポイントは、2.4リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンと SUBARU GLOBAL PLATFORM を得て進化した動的質感。

そして11.6インチディスプレイを備えた、上質さと革新性を併せ持つ室内空間。

さらに総合安全思想にもとづく、SUBARUならではの安全性能。アクティブマインドを刺激する、タフでラギッドなエクステリアデザインなど。

エンジンは低回転域から力強いトルクを発生する2.4リットル水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、直噴化により効率を高めた2.5リットル水平対向4気筒エンジンの2種類を用意。

車体剛性を最適化する SUBARU GLOBAL PLATFORM と組み合わせることで、歴代モデルで定評のある動的質感をさらにアップ。

また、運転支援システム アイサイト には、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御を追加。

安全運転を支援するドライバーモニタリングシステムも組み合わせることで、さらに安心感は高まるという。

エクステリアは、スピード感のあるシルエットに、厚みを強調したボディパネル、従来型から更に力強さを増したクラッディングを組み合わせることで、一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさを表現。

インテリアは、11.6インチ大型ディスプレイを備えたインフォテインメントシステムを採用し。

フラッグシップならではの質感に、革新的な機能性を加えることで、より快適でより愉しい移動空間に。

こちらの記事もオススメです