田中圭とロバート山本博がいちゃいちゃする理由は!? これこそボートレースあるある、2019年はトライしてみよ!

2019.04.23

「しっかりつかまっててくださいね」(田中圭)

「……(ニヤリ)……」(ロバート山本博)

「いや、ぼ、ぼくじゃなくて。あの、この……」(田中圭)

「違うよ、行けっていうんだよ!」(ロバート秋山竜次)

なんだこの展開?

これ、きょう4月22日から全国オンエアが始まった、ボートレースの新CM「姫たちだってLet‘s BOAT RACE 第五話「体感時速」篇 30秒」の後半部分。

脱サラボートレーサー田中くん役の田中圭と、ボートレース記者役のロバート山本博が、ボートのなかで2人でいちゃつくシーンは、いったいなに……!?

このシーン、実はボートレースの世界でいま流行ってる、ペアボート試乗会のワンシーン。

ボートレースでは、全国24か所のボートレース場で、その水面を選手と同じボートで時速120キロレベルの滑走を体験できるペアボート体験試乗を展開中。

<ペアボート試乗会>
http://www.mbracer.jp/contents/pair-boat/

新CMでは、ペアボート試乗会のワンシーンを田中圭とロバート山本博が再現。

もちろん、ロバート山本のように「なぜかうっとり」という参加者は現実にはいないけど、選手のアドバイスとプロの操縦を受けながら、時速120キロレベルで水面を滑走するシーンを体感できるのは、ペアボート試乗会だけ。

―――ことしも各地で始まるペアボート試乗会。この新CMをチェックしながら、ことしこそはペアボート試乗会にリアルにエントリーしてみて!

こちらの記事もオススメです