東京臨海高速鉄道、新車導入にむけて留置線増設を検討

2019.05.05

りんかい線を運行する東京臨海高速鉄道は今年度、大井町のホームドアを運用開始。2021年度には天王洲アイルと品川シーサイドの2駅にホームドアを導入させる。

今年度は、全駅で駅案内サインのリニューアルを完了。新木場駅、東雲駅の旅客用化粧室をリニューアルさせ、全駅トイレリニューアルを完了させる。

東京テレポート駅と国際展示場駅の有人改札窓口はカウンター化しオープン。品川シーサイドと大井町の2駅の窓口については拡大を検討していく。

また、新車両導入にむけた留置線増設への取り組みや、JRダイヤとの連携も強化していく構え。


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです