「プラレール」60周年記念展やホジ6014号蒸気動車ガイドツアーなど、リニア・鉄道館の夏のイベント

2019.05.28

リニア・鉄道館では2019年6月5日(水)~9月9日(月)にかけて、「鉄道の仕組みがよくわかる!夏の自由研究!」をテーマに様々なイベントを開催します。以前も取り上げたN700系車両の屋外展示もこの一環。

プラレール60周年記念展

鉄道玩具プラレール発売60周年を記念し、大きな「ウェルカムプラレールタワー」や、プラレールの世界に入り込んだような不思議な写真が撮れる「3Dアートフォトスポット」などを設置。

他にも歴代のプラレールを展示する「歴代のプラレール展」、JR東海とプラレールの知られざる関係の紹介、キッズコーナーに60周年記念オリジナル特急「レッドフライヤー」を設置するなど、様々な展示・企画を行います。

ガイドツアー

夏休み期間中の土日を中心に、スタッフが解説して回るガイドツアーが組まれています。今回初開催となる「新幹線のひみつをさぐろう!「新幹線の省エネ」」では新幹線の省エネについて実験も交えて解説。

また、「ホジ6014号蒸気動車ガイドツアー」では、今秋重要文化財に指定されるホジ6014号蒸気動車についてスタッフが解説します。

他にも、車両連結時等以外は通常開けることのない新幹線の前頭オオイの中を特別に開放する「100系新幹線前頭オオイ特別開放」や、現役の駅係員や乗務員、保線所社員などが普段のお仕事を紹介するお仕事紹介なども行われます。

各展示、ツアーの詳細についてはリニア・鉄道館の公式サイトをご確認ください。


LINEで送る

オススメ記事