日立とボンバルディア、360km/hで走るイタリア高速列車むけ車両を受注

2019.06.05

日立製作所グループの日立レール社とボンバルディア・トランスポーテーション社は、イタリアの鉄道運営会社 Trenitalia(トレニタリア社)と、イタリアの高速車両 Frecciarossa 1000編成 14本の供給と保守の契約を総額 5.75億ユーロ(約698億円)で締結。

そのうち、日立契約分が 3.42億ユーロ(約415億円)、ボンバルディア社契約分が 2.33億ユーロ(約283億円)。

この高速車両 Frecciarossa 1000編成 14本は、日立レール(イタリア)社とボンバルディア社のイタリアの工場で製造する。

1編成の全長は約200メートル、乗車定員は約460人。時速360キロでの営業運転でき、最先端の空力および省エネ技術により運転効率を最大化させる。

また、Wi-Fi設備や会議室、ビュッフェを完備する。

車両はイタリアで設計、製造され、欧州相互乗り入れ技術要求(Technical Specification for Interoperability)要件を満たし、複数の電圧が存在する高速鉄道網で運行できる。

TAGS 新型/改造/更新 テクノロジー/新技術/新開発 日立


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです