「月曜日はジャイアントコーンでハッピーチャージ!」の裏には、意外とガチ切実な社会背景があった

2019.07.03

品川駅構内にジャイアントコーンの「月曜日しか開かない冷凍庫」が突如出現し、7月1日の月曜日だけその冷蔵庫が開いて、来場者にジャイアントコーンをプレゼントしたっていうサプライズイベントが話題になったよね。

これ、もともとジャイアントコーンがもっているキーメッセージ「月曜日はジャイアントコーンでハッピーチャージ!」をリアルに再現したイベントだったんだけど、実はその裏には、ガチで切実な社会背景があるって、知ってた?

ウツウツ対策にジャイアントコーンでハッピーチャージ!

ジャイアントコーンをつくる江崎グリコの調べによると、憂鬱な曜日は「月曜日」という回答が圧倒的に多いうえに、憂鬱な日の対策として多くの人が「甘いものを食べて気分を上げている」ってことがわかったんだって。

休日明けで、なんとなく気が重い月曜日に「ジャイアントコーン」をガブッ、「きょうから始まる1週間を、ハッピーに過ごして!」というメッセージを込めて、このイベントを展開したと!

この「月曜日は憂鬱」問題、実はもっと切実なデータもある。

近年、厚生労働省や内閣府が自殺に関して調査した結果、ひと月で最も自殺が多いのは月初めの日、曜日別では月曜日が最も多い。

そう。そんなデータが背景にあったかどうかは不明だけど、この品川駅「月曜日しか開かない冷凍庫」イベントは、月初め7月1日の月曜日だったと!

進化し続けるジャイアントコーンで、ハッピー感やワクワクを

この進化し続けるジャイアントコーンには、逆三角形の上から、トッピング、チョコレート、アイス、コーンと続き、食べていくに連れて食感も変わって、どこかワクワクを感じさせてくれるんだとか。

ナッツは高焙煎のうえに表面はキャンディーコーティング。チョコは2種類。パリパリ食感のチョコと、生チョコの使用。パリパリ側はカカオ35%以上が含まれ、生チョコには生クリームが10%以上も入ってる。

チョコクッキーにパリパリ食感チョコ、生チョコの濃く深さ、そしてココアパウダー増量のココアコーン……という感じで、いろいろな食感と味でワクワクさせてくれると!

―――どう? ここまで知ると、「本気で月曜日はジャイアントコーンから行くか!」ってなるでしょ。こんどの週明け、月曜日はジャイアントコーンを、試してみて。

こちらの記事もオススメです