2000系の座席をJR四国ワープ高知支店店舗カウンターに設置 鉄道部品などの展示も

2019.07.26

※写真提供:JR四国

JR四国ワープ高知支店では、2019年7月27日(土)10時より、特急南風号等で知られる2000系特急形気動車で使用された座席2脚(2人掛×2)を設置、同時に121系行き先方向幕等の鉄道部品も展示します。

また7月27日10時~17時に、ワープ高知支店にてJRきっぷ・旅行商品などを購入された方を対象に、座席の設置を記念した缶バッジを配布するとのことです。

JR四国は、廃車により使用されなくなった座席を設置することで列車旅への魅力を感じていただくとともに、混雑時にお待ちいただくスペースとしてもご利用いただけるとしています。

TAGS JR四国


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです