東北道が通ってない茨城の鶏肉や奥久慈の卵を、埼玉の高速道SAで丼ーんと! 東北道 NEW 蓮田サービスエリア NEXCO東日本

2019.07.31

pasar hasuda e-nexco

題名がなんのこっちゃわからない。

どういう意味かというと、おととい開業したばっかりの東北自動車道 新 蓮田サービスエリア「Pasar蓮田」に、あの老舗焼き鳥店が高速道路サービスエリアに初出店するっていうニュース。

都内の焼き鳥好きは知ってるよね。「鳥どり」。

あの「鳥どり」(ダイナック)が、フードコートに進出するとこうなるという格好のお店で、店名は「焼き鳥丼と親子丼 鳥どり」。

その名のとおり、焼き鳥丼と親子丼をプッシュするスタイルで、使用する鶏肉は「つくば鶏」。

つくば鶏という茨城素材を使ったメニューを、茨城県を通らない東北道の、しかも埼玉県にあるサービスエリアで丼ぶりで食べられるってことで、こんなややこしい題名に。

で! 実際に「つくば鶏の親子丼」を試してみたら、これがまた熱々ふわっふわ、鶏の旨味がじゅわっ!

歯ごたえのあるつくば鶏と、黄身の濃い奥久慈卵が渾然一体となった親子丼。意外とつゆだくで、下で支えるごはんまでとろとろ。すいすい食べれちゃう。

茨城の鶏肉を、奥久慈の鶏卵を、埼玉の東北道 蓮田サービスエリアで食らう! なんだかよくわからないけど、うれしいし、ありがたいし、最高。焼き鳥丼も試してみたいいいいい!

茨城の味は、常磐道だけじゃない。東北道にもあるんだ! しかもうまい! を感じてみて―――。

ちなみに ネクセリア東日本 SA・PAグルメアンバサダー もえのあずき も「つくば鶏の親子丼」をがっついてたってば!

新生 蓮田サービスエリアはここがすごい!

―――新生 蓮田サービスエリア「Pasar蓮田」は、NEXCO東日本最大級の最新鋭高速道サービスエリア(SA)。

その最大の特長は、青果・精肉・鮮魚の専門店がそろった生鮮スーパーマーケットがあること。これは、全国の高速道路で初めて!

地域に開かれた高速道路サービスエリアをめざし、一般道からも入場可能な駐車場(90台)・自転車駐輪場・バイク駐輪場を設置。地域に親しまれるおしゃれな「高速スーパーマーケット」ができたというわけ。

ちなみにオープンしたばかりで夏休みってことで、一般道側駐車場は満車になる場合があるから、一般道から行こうとする人は、ピーク帯をさけて空いてる時間帯に行ったほうがいいかも。

そしてクルマがなくても、渋滞・混雑が苦手でもだいじょうぶ。JR蓮田駅とこの蓮田SAを結ぶ定期シャトルバスが運行中! 運行ダイヤも公開されてる。

<蓮田駅~蓮田SA バス運行ダイヤ>
https://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040021/1/pdf/bus_timetable.pdf

フードコートはNEXCO東日本最大級330席。11店舗が高速道路初出店、4店舗がNEXCO東日本初出店。ドライブ中に初出店を狙い撃ちしてみて。

また防災設備も拡充。自家発電設備やヘリポート、備蓄倉庫、井戸水・上水ハイブリッドタンクなどが配置され、災害時はフードコートが共同災害対策室になる。

「よーし、行ってみっか!」って人は、公式ホームページを、チェーック!
https://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040021/1/

<関連記事>
駅からバス送迎もある「最大で最新、最後のデパ地下系サービスエリア」
東北道 蓮田SA ぴかぴか7/29オープン
https://tetsudo-ch.com/9281596.html

こちらの記事もオススメです