JR東日本普通列車グリーン車、10/1からグリーンアテンダントの制服刷新

2019.08.15

東海道線、東北線、高崎線、常磐線、横須賀線、総武線などの電車に連結されている、普通列車グリーン車。

こうした普通列車グリーン車の好評を受け、車内精算や飲食販売などのサービススタッフ「グリーンアテンダント」のユニフォームを刷新する。

新しいユニフォームでの営業は、ことし10月1日始発電車から。

このユニフォーム刷新を手がけたのは、ことし7月1日に会社が発足したJR東日本100%子会社のJR東日本サービスクリエーション。

デザインは、JR乗務員との統一感を意識。制作にあたっては、アテンダントらた中心になったプロジェクトを立ち上げ、コンセプトを決定。デザインはもちろん、着用のしやすさ、また働きやすさなども重視して取り組んだ。

「2004年のグリーンアテンダント誕生以来、好評だった制服デザインを、グリーンアテンダント誕生15周年と会社発足を期に、新たな出発を迎えるという意味を込めて一新した」(JR東日本サービスクリエーション)

鉄道チャンネル編集部

TAGS JR東日本 人材/働き方/仕事/採用/社員の活躍 グリーン車 新商品/期間限定品 注目スポット/新オープン/期間限定オープン


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです