視覚障がい者向けナビゲーションシステム「shikAI」最終検証を有楽町線新木場駅、辰巳駅で実施

2019.08.20

shikAIシステム概要 画像:東京メトロ

東京メトロとプログレス・テクノロジーズは8月20日、視覚障がい者向け駅構内ナビゲーションシステム「shikAI」の最終検証を行うと発表しました。

shikAIとは、駅構内の点字ブロックにQRコードを設置し、これをスマートフォンのカメラで読み取ることで、現在地から目的地までの正確な移動ルートを導き出し音声でご案内するシステムのこと。

昨年2018年8月から12月まで有楽町線辰巳駅で実証実験が行われ、117名の視覚障がい者の方がシステムの検証に協力しました。

検証時のイメージ 写真:東京メトロ

アンケート結果は「ナビゲーションに従って迷わず移動できた」「早く実用化してほしい」などおおむね好評でしたが、乗換駅等の規模の大きな駅での検証、混雑時・騒音が大きい条件下での検証は課題として残っていました。

今回の最終検証では、2019年8月29日(木)より東京メトロ有楽町線辰巳駅および新木場駅にて実施。乗換でのご利用を想定し、JR線及びりんかい線改札付近までをご案内の範囲としています。

鉄道チャンネル編集部

TAGS テクノロジー・新開発 東京メトロ


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです