新幹線に特大荷物の事前予約制を2020年5月から導入、洗面所を荷物置き場に変更

2019.08.29

東海道新幹線・山陽新幹線・九州新幹線は、3辺の合計が160cm超250cm以内の「特大荷物」を持ち込むさい、新設する荷物置場を指定席とセットで予約して乗車する事前予約制を、2020年5月から導入する。

特大荷物置き場の設置場所は、客室内最後部座席後方にある既設スペースに新設する「荷物スペース」と、車内デッキ部の洗面所1か所を荷物置き場に整備して新設する「荷物コーナー」 の合計2か所。

「荷物スペース」は2020年5月中旬から導入、「荷物コーナー」は整備が完了する2023年度から導入する見込み。

デッキに新設する「荷物コーナー」には、盗難防止二重ロック方式を採用する。

特大荷物置き場の料金は、特定の指定席(特大荷物置場つき座席)とセットで事前予約することで利用可能。予約すれば追加料金は不要(ほかの座席の指定席料金と同額)。

事前予約なしで特大荷物を車内に持ち込んだ場合、持込手数料1000円が発生。荷物は乗務員が指定する場所に収納される。

この事前予約制で、旅行前から座席の近くに荷物置場を確保でき、乗降扉付近などの荷物置場に荷物を収納することでスムーズな乗降を実現させる。

特大荷物の大きさは、おおむね国際線航空機の有料預入荷物のサイズに相当。3辺の合計が250cm超の荷物は従来どおり車内に持ち込めない。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部

TAGS 新幹線 新商品・期間限定品 きっぷ 航空・空港・LCC


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです