京王線新宿駅にオムロンの駅案内ロボット、自動言語識別機能を搭載

2019.09.05

京王電鉄 京王線新宿駅に、自動言語識別機能を搭載した駅案内ロボットが9月18日に登場する。

このオムロン製 駅案内ロボットは、独自開発の音声対話型AIエンジン、親しみがもてるユーザーインターフェースが特長。

独自開発の音声対話型AIエンジンは、多くの人が行き交う雑踏の環境下で、正確に利用客の音声を集音し認識する音声処理技術と、ロボットが回答している途中に別の質問を受け付ける 割り込み対話機能 を搭載。より人と人との対話に近い応対が可能に。

また音声とディスプレーでの文字表示による案内に加え、ロボットが利用客との対話にうなずいたり、体の回転や腕の動きで方向を指し示したりすることで、利用客にわかりやすく親しみがもてるユーザーインターフェースを実現。

製造は、オムロン子会社のオムロン ソーシアルソリューションズ。

同社の駅案内ロボットは、ことし3月16日から8月27日まで、京王電鉄 井の頭線下北沢駅にて、利用客からの問い合わせ対応の実証実験を実施。

日本語に加え、英語、中国語、韓国語の4か国語で案内対応し、利用者の約3割が外国語を使用されていたことから、さらなる利便性の向上をめざし、今回新たに自動言語識別機能を搭載。

この自動言語識別機能で、利用者が画面上で手動で使用言語を選択することなく、話しかけた言語を自動で識別することが可能に。

この新機能の搭載にあわせて、駅案内ロボットの実験現場を新宿駅に移す。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです