TOICAが熱海、国府津、米原まで拡大 エリアをまたがるIC定期券や新幹線乗車サービスなど、2021年春にIC定期券サービス向上

2019.09.20

JR東日本、JR東海、JR西日本は9月20日、在来線および新幹線におけるIC定期券のサービス向上について発表しました。

各社ICサービスエリアをまたがる在来線定期券を交通系ICカードで発売

「SuicaエリアとTOICAエリア」「TOICAエリアとICOCAエリア」をまたがる区間の在来線定期券をSuica、TOIAC、ICOCAで発売。各社のICサービスエリアをまたがって通勤・通学する利用者も自動改札機にタッチするだけで改札を通過でき、紛失時の再発行も可能になります。

ただし、各社のICサービスエリアをまたがり、かつ定期区間外を乗車する場合は自動改札機を利用できません。交通系ICカードのチャージ額を利用して各社のICサービスエリアをまたがって乗車する場合もこれまで同様に自動改札機を利用することはできません。あらかじめ全乗車区間の切符を購入する必要があります。

また、TOICAサービスエリアを熱海、国府津、米原の各駅まで拡大します。これらの駅~TOICAエリア間を乗車する場合においても自動改札機の利用が可能になります。

新幹線定期券「FREX」「FREXパル」を交通系ICカードで発売

東海道・山陽新幹線(東京~新岩国間)の定期券を、これまでの磁気定期券にくわえSuica、TOICA、ICOCAで発売します。

現在の新幹線定期券と同様に、在来線と新幹線を通じた定期券や東海道新幹線と山陽新幹線をまたがる定期券も発売。新幹線に並行する在来線も利用可能です。

在来線IC定期券による「新幹線乗車サービス」の利用可能区間を拡大

「新幹線乗車サービス」とは、定期券区間内に新幹線停車駅が2駅以上含まれる場合に、新幹線自動改札機にタッチするだけで定期区間内の新幹線の普通車自由席に乗車できるサービスのこと(特急料金はチャージ残高から引き落とし)。

この在来線IC定期券による「新幹線乗車サービス」がTOICAエリアだけでなく東海道・山陽新幹線(東京~新岩国間)で利用できるようになります。

各サービス開始時期は2021年春を予定しています。

鉄道チャンネル編集部

【参考】

画像:JR東日本
画像:JR東日本
画像:JR東日本

TAGS JR東日本 JR西日本 JR東海


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです