国鉄色キハ66・67形気動車で行く「あったがわの旅 2019」11/2開催 ヘッドマーク缶バッジや記念乗車証付き

2019.10.09

画像:一般社団法人田川広域観光協会

JR九州筑豊篠栗鉄道事業部と田川広域連携プロジェクト推進会議は、筑豊地域で活躍したキハ66・67形気動車(国鉄色)を使用した日帰りツアーを企画しました。

その名も「あったがわの旅 2019」――2019年11月2日(土)、門司港駅から田川伊田駅間まで「キハ66・67」形(国鉄色)気動車で移動し、TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~を楽しみます。途中の香春駅では地元特産品の物販やプレゼントも。

【関連記事】
JR九州 国鉄色キハ66 67形で「あったがわの旅」
https://tetsudo-ch.com/762645.html

かつて走っていた急行列車のヘッドマーク、航空自衛隊 304飛行隊の部隊マークである英彦山の天狗ヘッドマークをそれぞれ装着するほか、参加者には記念乗車証やオリジナル缶バッジを配布します。

第304飛行隊部隊マーク 画像:一般社団法人田川広域観光協会

募集人員は80名。旅行代金は大人5,900円、小人4,500円。申し込みは2019年10月25日(金)まで、JR九州法人旅行センター旅の予約グループで受け付けています(ただし定員になり次第締め切りとなります)。旅行に関する問い合わせ等は一般社団法人田川広域観光協会まで(Twitterもやっているそうですよ!)。

鉄道チャンネル編集部

TAGS JR九州 ヘッドマーク


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです