那覇空港に新たな第二滑走路 2020/3/26 供用開始、新管制塔は国内2位の高さに

2019.11.26

沖縄 那覇空港は、既存滑走路の海側にもうひとつの第二滑走路を新設。2020年3月26日から供用開始する。この第二滑走路オープンに先立ち、新管制塔の運用を開始する。

第一滑走路とブリッジでつながった第二滑走路は、長さ2700メートル、幅60メートル。この第二滑走路の稼動で滑走路処理容量は年間13.5万回から24万回に倍増する。総事業費は2074億円。工事着手は2014年、6年を経て供用開始にこぎつけた。

また現在の管制塔からは、新設滑走路にブラインドエリア(視認障害範囲)が発生するため、現滑走路と新滑走路の中間の位置に新管制塔を整備。

現在の管制塔の高さが36メートルに対し、新管制塔の高さは8階建88メートル。羽田空港の管制塔が115.7メートルで、那覇空港の新管制塔は国内第2位の高さに。

那覇空港 新管制塔は、第二滑走路の供用に先立ち、管制官の慣熟のため2020年1月15日から新管制塔の運用させる。

画像:国土交通省
記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです