特急 踊り子 E257系 2000番台 2500番台が2020年春登場、5両4本と9両13本

2019.11.28

東京と伊豆を結ぶJR東日本 特急列車 踊り子 に、2020年春からE257系2000・2500番台が投入される。

もと松本車両センターの中央線特急 あずさ かいじ に使用されていたモデルを更新・改造した形式。

このE257系投入で、特急 スーパービュー踊り子 踊り子 で使用している185系と251系を置き換えていく。

更新型E257系は、9両編成が2000番台で13本、5両編成が2500番台で5本つくる。9両編成の4号車がグリーン車。最高速度は130km/h。東海道線の最高運転速度は120km/h。

外観は、伊豆の「空の色」と「海の色」をイメージした「ペニンシュラブルー」を基調に、伊豆を含めた東海道線沿線の新しい原風景の創出となるようなデザインへ。

車両は、伊豆らしい色彩を使用し、普通車は「スタンダードでありながら奥行き感のある現代的な空間」、グリーン車は色彩に加え質感にもこだわり「リッチで高品質感のある現代的な空間」を目指したデザインに。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです