トヨタと西鉄、マルチモーダルモビリティサービス my route を福岡 北九州で本格展開_JR九州も参画

2019.11.28

トヨタ自動車と西日本鉄道は、トヨタが開発したスマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス my route(マイルート)を、11月28日から福岡市・北九州市で本格展開。この my route にJR九州も新たに参画。交通・店舗・イベント情報のサービサー各社と協力しながら運営していく。

トヨタは、my route プラットフォームと決済システムの開発・運営、トヨタのレンタカー・カーシェアサービスとの連携を担当。今後は、福岡市・北九州市を皮切りに、他地域でも my route を展開していく構え。

また西鉄は、自社が運行するバスの位置情報や、西鉄グループが持つ店舗・イベント情報「天神サイト」などを提供。アプリ内限定でバス・鉄道のデジタルフリー乗車券を販売していく。2019年度内には、商業施設と連動したアプリ内QRコードクーポンを提供していく。

JR九州は、my route 上でインターネット列車予約サービスとの連携や自社が運行する新幹線・在来線の運行情報を提供。今後、JR九州沿線での my route との連携拡大を図る。

トヨタと西鉄は、2018年11月1日から福岡市で my route の実証実験を実施。実証期間の1年間で約3万件のアプリダウンロード数に加え、利用後アンケートでは、約8割のユーザーから「満足」と回答。

この本格実施にあわせ、TOYOTA Wallet 対応による電子決済手段の拡充、TOYOTA SHARE 対応によるトヨタのカーシェアサービスの提供、従来の日本語・英語に加えて中国語(繁体字・簡体字)・韓国語に対応させ、my route の利便性を大幅に高める。

いっぽう福岡市は、これまで販売していた西鉄バス・西鉄電車のフリー乗車券に加え、福岡市・西鉄・JR九州・昭和自動車が共同で提供する訪日外国人専用1日フリー乗車券「FUKUOKA TOURIST CITY PASS」をデジタル化。my route 内で販売していく。

北九州市は、西鉄バスフリー乗車券(路線バスのみ)の販売を開始し、これまで JapanTaxi との連携に加え、第一交通産業のタクシー配車予約サービス「モタク」とも連携していく。

九州新幹線や全国の高速バスと連携することで、域内のモビリティサービスのみならず、福岡市・北九州市を目的地・出発地とした長距離移動もサポート。列車のきっぷをインターネットで予約できるサービス「JR九州インターネット列車予約」、京王電鉄バスが提供する高速バス予約サービス「ハイウェイバスドットコム」との連携し、順次サービスを拡充していく。

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです