東海道新幹線を行く700系の最後は2020年3月8日 全車指定席「のぞみ315号」新大阪行き

2019.12.11

だいーん顔の新幹線700系が東海道新幹線から姿を消す。その最後の日が2020年3月8日に決まった。

1999年に登場し、東海道新幹線を走り続けて20年。その最後の営業運転列車は2020年3月8日「ありがとう東海道新幹線700系」と題して臨時のぞみ315号として走る。

全車指定席で、東京 9:47発、新大阪 12:20着。東京駅出発時と新大阪駅到着時に各駅のホーム上で引退式典を実施。のぞみ停車駅で社員による最終走行列車の見送りも行う。途中停車駅は品川、新横浜、名古屋、京都。

座席指定券は2020年2月8日10時から発売。乗客には、新横浜~京都間の車内で乗車記念品をプレゼント。

2020年2月12日からは、JR東海保有700系車両 2本に、ヘッドマークとサイドステッカーを貼り付ける。

団体専用列車も設定してるっていうから、気になる人は公式特設ホームページを、チェック。

https://recommend.jr-central.co.jp/700/

写真 記事:鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです