JR九州「36ぷらす3」車両レイアウト発表 17年ぶりに復活するビュッフェの様子は……?

2019.12.20

36ぷらす3

JR九州は20日、2020年秋に運行を開始する観光列車「36ぷらす3」の車内レイアウトを発表しました。

【関連記事】
九州1周オールグリーン席でビュッフェつき、黒い787系「36ぷらす3」2020秋 登場
https://tetsudo-ch.com/9906323.html

車両レイアウト

使用車両は1992年デビューの787系。コンセプトは「九州のすべてが、ぎゅーっとつまった”走る九州”といえる列車」――1号車から3号車まではグリーン個室、4号車は車内での体験イベントなどを行う「マルチカー」、5号車と6号車は座席タイプの客室となり、座席数は合計103席。

1号車「グリーン個室」

1号車は既存のグリーン個室1室のほか3室を新設。新設する個室はパーテーションの高さを抑え、明るく開放的な空間に。クラシックな雰囲気で落ち着いた色調の車両とります。

3号車「ビュッフェ」

3号車では17年ぶりにビュッフェが復活し、九州の魅力的な飲み物、食べ物を満載して走ります。ビュッフェの中央には存在感抜群のカウンターを設置。

4号車「マルチカー」

4号車のマルチカーでは共用スペースとしてくつろぎの時間を提供。カウンターではタイムリーな商品や特別な飲料の販売など、ライブ感のあるサービスの提供を検討しているとのことです。

旅行のルートは木曜日~月曜日まででそれぞれ異なるルートを運行。例としてJR九州の掲げる木曜日の旅行イメージとしては、午前中に博多から乗車、ゆっくりと車内で過ごしたのちお昼ごろには熊本に到着。途中の駅で停車したりマルチカーで「九州のお茶」を体験したのち、午後には鹿児島中央に到着し、周辺の観光地へ。

五日かけて九州をぐるっと一周するように運行する

列車の全ルート走行距離は1198キロ。ぐるっと回る”世界一の「わ」”を目指すとのことです。

鉄道チャンネル編集部
画像:JR九州


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです