JR九州、香椎線で自動列車運転装置の走行試験を実施へ 819系(DENCHA)で12月下旬から

2019.12.20

JR九州は2019年12月下旬から2020年2月中旬にかけて、819系(DENCHA)1編成2両を使用し、香椎線 西戸崎駅~香椎駅間で自動列車運転装置の走行試験を行います。

試験が行われるのは期間中のうち25日程度、終列車後(0時頃)から翌日4時頃まで。前頭に運転士が乗務した状態で車両の制御機能(加速・惰行・原則・定点停止等)や運転時分、乗り心地などを確認します。

JR九州では少子高齢化や人口減少が進む中、鉄道ネットワークを長期的に維持していくために作業の自動化や機械化を推進しています。今回の試験も既存の技術であるATS-DKをベースとした自動列車運転装置の開発の一環として行われるものです。

今後の目標として、JR九州は「2020年度中には同区間において、運転士が乗務した状態で営業列車における実証運転を目指す」としています。

【関連記事】
香椎線で走りだす BEC819系DENCHA、キハ40系よりクイックに動いて2~3分短縮
https://tetsudo-ch.com/3782816.html

鉄道チャンネル編集部
イメージ画像:Pixta


LINEで送る

オススメ記事