近鉄、来年2月から全特急車両の座席を禁煙化 12200系は順次特急の運用から離脱

2019.12.24

2020年2月1日(土)より、近鉄は特急列車の座席を全席禁煙にします。

近鉄はこれまで特急車両に順次喫煙室を設置し、全席禁煙化工事を進めてきました。このたび、大半の列車で喫煙室の設置された車両で運行可能になるまで工事が進展したこと、また2020年4月1日に施行される改正健康増進法を踏まえ、全席禁煙に踏み切りました。

各特急車両喫煙室 画像:近畿日本鉄道株式会社

なお、観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」および一部の特急車両(12200系)は喫煙室のない編成となります。近鉄の発表によれば12200系車両は2020年度末までに順次特急列車の運用から外れるとのこと。

また、地下区間や駅全体が屋根に覆われたターミナル駅の構内など、改正健康増進法では屋内扱いとなる区間・箇所では特急列車の喫煙室であってもタバコを吸うことはできません。

【当該区間】
(1)大阪難波駅~大阪上本町駅間(地下線区間)
(2)近鉄奈良駅、近鉄名古屋駅(地下駅)
(3)大阪上本町駅、京都駅、大阪阿部野橋駅
(駅全体が屋根に覆われたターミナル駅)

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです