阪堺線 恵美須町停留場が100m南へ、2/1供用開始! 営業キロ程変更で運賃も変わる

2020.01.08

阪堺電気軌道 阪堺線 恵美須町停留場は、現在地から100m南に新設中の1面1線のホームに移す。2月1日から供用を開始する。

これまでは、降車ホームと乗車ホームの2面あるくし形2面1線。閉鎖中の線路を含めると2面2線だった。新たなホームは、シンプルな1面1線に。

この移設は、一昨年の台風21号で被災した駅施設の復旧にあわせた取り組みで、バリアフリー化を整え利便性を向上させる。

この新駅舎移設にともない、恵美須町から各駅の営業キロ程が変更に。一部区間で定期旅客運賃などが変わる。

定期旅客運賃が変更する区間は、恵美須町~神明町が9kmから8kmへ(通勤・通学とも)、恵美須町~浜寺駅前が15kmから14kmへ(通勤のみ)。

登録型割引サービスの上限運賃が変更される区間は、恵美須町~細井川が6kmから5kmへ(一般のみ)、恵美須町~神明町が9kmから8kmへ(一般・学生)、恵美須町~浜寺駅前が15kmから14kmへ(一般のみ)。

2月1日以降は、旧ホームをすべて閉鎖する。

Twitter:osouji_hoge
図:阪堺電気軌道
画像 文:鉄道チャンネル


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです