名鉄空港線開業15周年、あす1/29から特別企画実施

2020.01.28

名鉄空港線(常滑駅~中部国際空港駅)は2005年1月29日開業、間もなく15周年を迎えます。

名鉄はこれを記念し、1月29日(水)~3月31日(火)のおよそ2ヶ月間にわたり関連企画を実施。空港線3駅の入場券と専用台紙・缶バッジをセットにした「空港線開業15周年記念入場券セット」や「空港線開業15周年記念キーホルダー」などを発売します。

空港線開業15周年記念ロゴマーク

「空港線開業15周年記念入場券セット」は常滑駅、中部国際空港駅で発売。空港線3駅の記念入場券に専用台紙と缶バッジを組み合わせ、1セット510円、1,000セット限定で販売します。

「空港線開業 1 5 周年記念入場券 セット」は記念入場券、台紙、缶バッジがセットに

同様に「空港線開業15周年記念キーホルダー」を3種類発売。空港線3駅の駅名標と記念ロゴマークをデザインしたもので価格は1個500円。各300個を常滑駅、中部国際空港駅で限定発売。

記念キーホルダーイメージ

また常滑駅では「空港線開業15周年記念缶バッジ」をプレゼント(記念入場券セットの缶バッジとはデザインが異なります)。配布対象は当日有効な「まる乗り 1DAY フリーきっぷ」「名鉄電車全線 2DAY フリーきっぷ」や各種企画商品のフリーきっぷを提示された方のみ。配布数は1,000個限定。

その他にも、中部国際空港駅では改札口付近の丸柱に空港線開業15周年記念の装飾シートを掲出。3番線ホームには記念ロゴマーク付きのミュースカイ顔出しパネルを設置します。また神宮前駅、金山駅、名鉄名古屋駅、常滑駅、りんくう常滑駅、中部国際空港駅では、2月28日(金)までの期間限定で名鉄電車の写真と記念ロゴマークで装飾した特別ポスターを掲出します。

2000系ミュースカイには記念ヘッドマーク掲出して運行中

記念ヘッドマークイメージ

名鉄は1月25日(土)から、記念ロゴマークをデザインしたヘッドマークを2000系車両1編成に掲出し、運行しています。掲出期間は4月下旬ごろまでの予定。

1月14日(火)から3月9日(月)まではエヴァンゲリオン特別仕様のミュースカイも運行しておりますので、運が良ければ15周年記念HMを掲出したミュースカイとすれ違う瞬間に居合わせられるかもしれませんね。

【関連記事】
エヴァンゲリオン特別仕様のミュースカイ、来年1/14から期間限定で運行開始――名鉄
https://tetsudo-ch.com/9958189.html

鉄道チャンネル編集部
「ミュースカイ」イメージ写真:Pixta
イメージ画像:名古屋鉄道


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです