東海道新幹線、増発分の臨時「のぞみ」中心に計192本運休 山陽新幹線の臨時「ひかり」や一部在来線特急も

2020.03.13

各日ごとの運休本数 画像:JR東海

JR東海は13日、新型コロナウイルス感染症の発生による新幹線の利用状況を踏まえ、「のぞみ」の臨時列車を中心に一部の列車を運休すると発表しました。

同社はもともと春休み期間の3月19日(木)~31日(火)に臨時列車の大幅な増発を計画していましたが、これを取りやめる形となります。同期間中に運休する「のぞみ」は計192本、東海道新幹線では「ひかり」「こだま」の運休はありません。

運休する「のぞみ」と乗車券類の取り扱い(変更・払戻)に関する詳細情報は、JR東海のホームページをご確認ください。

JR西日本も臨時「ひかり」や臨時「サンダーバード」「くろしお」など運休

JR西日本も同期間中、新大阪~広島・博多間の臨時「ひかり」計30本を運休します。

また3月19日(木)~4月20日(月)にかけて大阪~金沢間の臨時「サンダーバード」が10本運休(19本→9本に)、新大阪~白浜間の臨時「くろしお」が2本運休。詳細はJR西日本のホームページに掲載されています。

こちらも当該列車の特急券を所持している場合は無手数料で変更または払戻となります。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです