大井川鐵道、静岡アフターDCと連動し星空列車を追加運転

2020.03.18

画像:大井川鐵道

大井川鐵道は「静岡ディスティネーションキャンペーンアフターキャンペーン」と連動し、井川線の「星空列車」を令和2(2020)年4月25日(土)、5月23日(土)、6月20日(土)にそれぞれ追加で運転します。

“星空列車は、井川線においてふだん列車の走らない夕方に、星空観察を楽しむため運転する特別列車。目的地の「奥大井湖上駅」は、夜空の明るさが星の観察に適した場所「全国第2位」に選定されたこともある「川根本町」の中でも特に、周囲に民家がなく明かりも少ない星空観察に適した場所です。”(大井川鐵道のリリースから抜粋)

行程は4月25日(土)、5月23日(土)が千頭18:00 → 奥泉18:30 → 奥大井湖上19:00着/20:00発 → 奥泉20:30 → 千頭21:00。6月20日(土)が千頭18:30 → 奥泉19:00 → 奥大井湖上19:30着/20:30発 → 奥泉21:00 → 千頭21:30。いずれも復路の千頭到着時に千頭駅初の列車・バスの運転は終了していますので、事前に宿泊などの手配が必要です。

運賃は千頭~奥大井湖上(往復) 大人1,440円 小人720円、奥泉~奥大井湖上(往復) 大人720円 小人360円。ただし大井川周遊きっぷ、井川寸又峡周遊きっぷでの参加も可能です。詳細は大井川鐵道や川根本町まちづくり観光協会のWEBサイトをご確認下さい。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです