米ボストン発、自宅へ無料配送してくれる靴店「ロックポート エクスプレス」 秋葉原に誕生

2020.03.19

東京・秋葉原にアメリカ・ボストン発のハイブリッド・シューズショップが出現。

ブランド名「ROCKPORT EXPRESS」(ロックポート エクスプレス)。アキバ・トリム2階に、国内初の常設店としてオープンした。

ロックポートは、1971年にアメリカ・ボストンで誕生したシューズブランド。スタイルも履き心地も妥協しない男女がターゲット。同ブランドの高機能で洗練されたデザインのシューズは、世界中のアクティブなユーザに支持されているという。

「ゆっくり買い物をする時間はなかなか取れないけど、シューズはちゃんと試着してから購入したい」というターゲットのニーズに応えるべく立ち上がったブランドで、「ロックポート エクスプレス アキバ・トリム店」(営業時間:11~21時)では商品ラインナップを主要な男性用ビジネスシューズと女性用パンプスに絞り、すべてのサイズを店頭に陳列する。

ユーザは、気に入ったデザインのシューズを試着し、履き心地やサイズを確認してから商品を決定すると、あとはその場で決済するだけで後日商品が無料で指定住所(日本国内のみ)に届く。

購入したシューズを持ち帰る手間が省けることから、駅利用の移動途中や、仕事の空き時間、帰宅前に予定がある時も気軽に立ち寄れる。

また店舗では、試着の間にクイックシューケアサービスも受け付ける。今回、オープン記念Twitterキャンペーンも実施。3月19日~4月19日の期間中にシューズを購入し、ロックポートの公式Twitterをフォローしてキャンペーン投稿をリツイートすると、購入金額から500円割引きに。

さらに、お得な情報などを届けるロックポート クラブに入会(無料)すると、次回来店時に利用できる「ミニ防水スプレープレゼント」クーポンをプレゼントする。

ロックポート ジャパンは今後、この「ロックポート エクスプレス」店舗を拡大させる構え。4月21日には、羽田エアポートガーデン2階にも「ロックポート エクスプレス」がオープンする予定。

こちらの記事もオススメです