臨時列車指定席発売見合わせの対象期間、5月末まで延長に JR東日本

2020.04.03

JR東日本は3日、2020年5月7日〜31日に運転する臨時列車(新幹線、在来線特急・快速列車)について、一部を除き指定席の発売を当面見合わせると発表しました。

【関連記事】
JR東日本 GW期間中の臨時列車指定席券発売を当面見合わせ 新幹線502本、特急・快速223本
https://tetsudo-ch.com/10212891.html

同社は新型コロナウイルスの影響で利用が落ち込んでいることを受け、GW期間中の臨時列車指定席発売を見合わせていましたが、今回の発表でその対象が5月末の臨時列車まで拡大しました。これにより、新たに新幹線の臨時列車421本、在来線特急・快速の臨時列車141本の指定席発売が見合わせとなります。

定期列車については通常通り発売。発売を見合わせる臨時列車については「事態の推移やご利用動向により発売の開始を判断してまいりますが、運転を取り止める場合もございます」と運休の可能性も示唆しています。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです