豊肥本線、2020年8月運転再開の見通し――国交省発表

2020.04.10

令和2年4月10日現在の復旧状況 画像:国道交通省

国土交通省は4月10日(金)、2016(平成28)年4月の熊本地震で被災したJR豊肥本線の肥後大津~阿蘇間(約27.3km)について、2020年8月頃に運転再開の見通しと発表しました。

豊肥本線は九州中部の大分~熊本間を結ぶおよそ148kmの鉄道路線。「阿蘇高原線」という愛称にも見られるように観光路線としても親しまれており、JR九州の観光列車「あそぼーい!」や「ななつ星 in 九州」なども同路線を運行しています(震災後は運休・ルート変更などが行われました)。

JR九州は2017年(平成29)年4月より肥後大津駅そばに「豊肥本線復旧事務所」を開設し、復旧工事に着手。鉄道のみならず道路や砂防などの関連工事との調整も行いつつ復旧を進めていました。今回の国交省の発表によれば、国道57号現道部分も2020年10月頃に復旧となる見込みです。

【関連記事】
JR豊肥本線、2020年度内に運転再開の見通し――国土交通省発表
https://tetsudo-ch.com/6488685.html

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事