東村山駅1・2番ホームで「東村山音頭」の発車メロディが復活 西武

2020.07.09

東村山駅 写真:西武鉄道

2020年7月14日(火)より、東村山駅1・2番ホームの発車メロディが「東村山音頭」に――

「東村山音頭」は1961年に東村山町農業協同組合が中心となって作ったもので、50年以上経った現在でも市内の盆踊りなどの際に流れる定番の曲。東村山市出身の志村けんさんが、テレビ番組内でそのアレンジを披露したことでも知られています。

本年3月29日、新型コロナウイルス感染症で亡くなられた志村けんさんは6月25日に東村山市名誉市民に選定されました。西武鉄道は、志村けんさんの冥福を祈り、その功績に対する感謝の気持ちを込め、発車メロディ変更を実施します。

今回使用する音源は東村山市市制施行50周年を記念して東村山市が作成したもので、2014年12月~2016年3月まで東村山駅の一部ホームで使用されていました。

鉄道チャンネル編集部


LINEで送る

オススメ記事