関東鉄道竜ヶ崎線が開業120年 珍しい写真をご紹介

2020.08.17

関東鉄道竜ヶ崎線開業120周年で、取材でお世話になった関東鉄道広報から珍しい写真を鉄道チャンネル読者向けに提供していただきました。ぜひ、記事と合わせてご覧下さい。

【関連記事】
関東鉄道竜ヶ崎線が開業120年 ヘッドマーク列車出発進行!
https://tetsudo-ch.com/10636498.html

写真提供:関東鉄道

SL末期、1962年撮影の竜ヶ崎駅構内。SLは「竜ヶ崎5号」「鉾田4号」と地名に倣った愛称名で呼ばれていました。客車は気動車の改造車か。写真の竜ヶ崎5号は竜鉄開業以来50年間以上も継続使用され、自重29.9t。蒸気の圧力で停車するスチーム・ブレーキ方式という機構だったそうです。

写真提供:関東鉄道

無煙化後、1971~1974年ごろの竜ヶ崎駅。写真のキハ522は滋賀県の江若鉄道からの譲受車で、1969年に入線したそうです。

文:上里夏生


LINEで送る

オススメ記事