新幹線で宅配便荷物を 余剰スペースの有効活用 JR九州、佐川急便と貨客混載事業で協業へ

2020.08.26

JR九州と佐川急便は2020年8月26日(水)、宅配便荷物を九州新幹線で運ぶ貨客混載事業の協業に関する基本合意に至ったと発表した。

集配効率を高めるために列車を使った貨客混載事業の可能性を模索する佐川急便、九州新幹線内の余剰スペースを有効活用したいJR九州の思惑が一致した形だ。

博多駅~鹿児島中央駅上下間で、余剰スペース(業務用室)へ宅配便荷物を収納した専用ボックスを積載して輸送することを検討しており、今後実証実験などを行っていくという。

協業イメージ

鉄道チャンネル編集部
画像:JR九州


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです