どこか懐かしい東京の原風景【駅ぶら04】西武池袋線009

2020.09.16

※2020年6月撮影

トップ画像は、西武池袋線東長崎駅の手前、上り急行池袋行列車とのすれ違い。

椎名町から下り飯能・秩父に向かいます。この辺りも「東京原風景」的な低層住宅が並んでいます。筆者が幼少期を送ったJR中央線沿線の杉並区とどこかしら似た懐かしい空気感です。

※2020年6月撮影

右にカーブ、少し北向きに進路が変わります。

※2020年6月撮影

カーブの先に東長崎駅があります。

※2020年6月撮影

ここでトップ画像のシーンです。駅手前の踏切の所で上り急行列車とすれ違いました。その直後のカットです。各駅停車飯能行は島式ホームの直進側に入ります。椎名町駅から1.2kmで東長崎駅です。

※2020年6月撮影

コロナ・ウィルス以前なら、こんな猛暑日にマスク姿は、まず眼にしなかったでしょうね。でも全員マスク。筆者もマスク着用です。冷房の効いた列車内は良いのですが、炎天下をウロウロするのはちょっと辛い。

※2020年6月撮影

隣の江古田駅方面は真っ直ぐです。

※2020年6月撮影

ここからは【駅ぶら】カット、8月7日撮影になります。上りホームから下りホームの駅名標を撮っています。1915年(大正4年)開業。1964年(昭和39年)橋上駅舎(初代)の供用開始。現在の橋上駅舎は2007年(平成19年)に改築された二代目橋上駅舎です。

※2020年8月撮影

上りホーム、乗って来た各駅停車が左に停車、急行池袋行が抜いてゆきます。

※2020年8月撮影

飯能・秩父方面。

※2020年8月撮影

望遠レンズで見ると江古田駅の手前で左にカーブします。渡り線がありますね。

※2020年8月撮影

橋上駅舎に上がります。飯能・秩父方面が見えました。

※2020年8月撮影

改札口。正面は池袋方面になります。

※2020年8月撮影

改札を出て池袋方面を見ています。意外に池袋の高層ビルなどは見えません。地図で見ると山手線の目白駅方面の様です。

※2020年8月撮影

改札外の自由通路からです。左に駅ナカ・コンビニの「トモニー」があります。

※2020年8月撮影

「トモニー」は西武鉄道とファミリーマートが共同で展開しています。無人店舗を含め59店舗が駅でサービス中。大きいお店では西武鉄道グッズ、「西武鉄道オリジナルプラレール10000系レッドアロークラシック」も扱っていますぞ。もちろん西武時刻表やハシ鉄も!(笑)

※2020年8月撮影

筆者が江古田の学生だった時代には、繰り返し江古田駅~池袋駅間を往復しました。でも、意外なコトに先の椎名町駅や東長崎駅で下車した記憶がありません。たぶん友人の下宿が無かったのですね。

【駅ぶら04】西武池袋線010 に続きます。

(写真・文章/住田至朗)


LINEで送る

オススメ記事

こちらの記事もオススメです